BLOGブログ

2019年10月22日

即位礼正殿の儀等の装束にみる慣用色

ブログ

今日は即位礼正殿の儀等の皇室行事で祭日となっています。(なので、アトリエびりーぶ浦和美園もお休みです)


皆さんは、テレビ等で数々の行事をご覧になっていますでしょうか。

カラーの専門家としては、この皇室行事での使われる色は、伝統色が多く、慣用色名として登録、使われているので

とても興味を持ってみています。



午前中は、「賢所大前儀」午後には、「即位礼正殿の儀」

美しい装束、十二単の衣装はまるで平安絵巻のようなあでやかで、それでいてしめやかで

うっとりです。


賢所大前の儀の際には、

帛御袍(はくのごほう)をお召しになっていましたね。


純白無文で非常に位の高い色で、大嘗祭等でしかお召しにならない装束。

午後にお召しになった黄櫨染袍よりも位の高い色です。


午後の「即位礼正殿の儀」では、天皇陛下は「黄櫨染御袍」秋篠宮様は「黄丹」。

天皇陛下さましかお召しになれない「黄櫨染」


皇太子さましかお召しになれない「黄丹」




ともに太陽の色からきています。


また皇后さまの唐衣の「萌黄」も高貴な色。



おめでたい日であると同時に実際の装束、十二単でその色合いを見られる貴重な日。

ウキウキの一日です(笑)
アトリエびりーぶ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-5536-7080